C Cubeコンサルティングではお客様の様々なお悩みに対応させていただいております。
是非一度ご相談ください。

C Cubeについて 相続でお悩みのお客様 確定申告でお悩みのお客様 法人のお客様 医療関係のお客様 採用情報


Service

C Cubeコンサルティングのサービス内容です。

各サービス別価格一覧はこちらから 

News

C Cubeの最新情報をお届け

2016年6月10日   C Cubeコンサルティング採用サイトオープン
  C Cubeコンサルティングサイトリニューアルオープン

税理士紹介

是非一度ご相談ください。

Blog

社長ブログ

経営者は孤独なもの、と思っていませんか。
税理士清水は、走り続けるあなたの伴走者です。
経営の人間力を一緒に磨いていきましょう。

2016年5月27日  付加価値

小売業、物品賃貸業、飲食業、税理士業・・・
様々な業種がありますが、突き詰めるとすべて
“サービス業”に行き着きます。

そんなことは誰にでも理解できる時代になっています。

これは経営者に限らず、一般の社員にもわかっていることです。

でも、これを実践できている会社とできていない会社が
あるのは事実ですね!

だから同じ業界でも業績に違いが出てくるのです。

で付加価値というと、極端なサービスと考える人もいますが、
決してそういうものではありません。

安心、安全、信用、信頼を日々変わることなく、トップから
現場まで会社の誰もが同じ意識、サービスを提供しているか?
しようとしているか?

それが付加価値をあげるという意味なんです。

派手さはありません。むしろ地味なことです。
コツコツと着実に積み上げていくものです。

それを理解できる人、会社とお付き合いしていくことが、
結果業績にも反映され、社員が安心して堂々と働くことにも
繋がるのではないでしょうか?

???????????????????????????
株式会社 C Cubeコンサルティング
   税理士法人 C Cube 税理士  清水 努

2016年5月20日  経営方針

長年会社経営をしていると、マンネリになってきます。
業績が右肩上がりの時はいいのですが、昨今そんな
会社は非常に少なくなってきました。

その時に、経営方針というものが明確になっているか?
それによって、一度落ち込んだ業績を立て直すことは
非常に難しい・・・

例え過去に落ち込んだ業績を立て直した経験をお持ちの
経営者であっても、これからの時代は違うという認識を
持つべきです。

立て直した成功体験をお持ちの経営者ほど、それが理解できない。

失敗はすぐに忘れるが、成功はなかなか忘れることができない。

しかもそれが何十年も前のことだと、尚更現在とは状況が異なっています。

そこで、今後の経営方針、経営の方向性が重要になってくるのです。

でも、社長業を長くしていると、今更人の話には素直に耳を傾けられない・・・

聞こうとはするが、やっぱりうるさいと感じてしまう・・・

諫言する社員なんてとっくに辞めてしまった・・・

社長、現場仕事は一切やめて、社長業に専念してください。

経営方針です!

数年後の会社の未来は、どのような形になっていますか?
なっていたいのですか?

その絵が見えないと、永続させるのは至難の業です。

5年後、10年後、社長はいくつになっていますか?

——————————————————————————–

株式会社 C Cubeコンサルティング
   税理士法人 C Cube 税理士  清水 努

2017年5月24日  軽井沢ハーフマラソン  New!

こんにちは!本田です。

 

先日、人生初のハーフマラソンにチャレンジしました!

 

友人から「今度軽井沢に別荘を買うから、そこに泊まって

軽井沢ハーフマラソンに参加しない?」とのお誘いが・・・。

 

軽井沢の別荘♪なんか楽しそう♪

と、何も考えずに「行く!」と言って参加することに。

 

結果的には友人は別荘は買わず、日帰りで参加することになりました。

 

「軽井沢ハーフマラソン」と言えば、

最大の特徴は参加者Tシャツを着て走るランナーが多いこと!

今年はターコイズブルーです♪

 

 

スタートの画像です。(公式HPより)

https://theta360.com/s/mYYjTlABzmL7oBuUghYH6FnAC

 

青、青、青!

 

この日、快晴で良かった、と一見写真では見えますが、

実際は軽井沢とはいえめちゃ暑い!

スタート時点で25度ありました・・・。

 

スタートは自己申告のスピードによって振り分けられますが、

自分のスピードがわからない時にエントリーしたもので、

一番遅いブロックのスタート。これが失敗!

スタートで6分もロスしました。

 

友人からは「3kmぐらいで追い抜けるよ~」とのことでしたが、

それは早い人たちの集団の話。

道が狭く、7kmぐらいでやっと追い越しができ、自分のペースで走ることができました。

大きな大きなタイムロス・・・。

(ですが結果的には体力を温存できたのかも?)

 

そして、軽井沢ハーフマラソンの楽しみの一つ「フルーツエイド」。

ちょうど折り返し時点でフルーツがあります♪

2時間ぐらいでフィニッシュする人はイチゴが食べられますが、

スタートであきらめ、それでもなんとかバナナはいただけました!

 

別荘地は新緑の日陰で走っていても気持ちよかったのですが、

日陰のないところでは直射日光がガンガン照らし、

また疲労から18km超えたごろからとても辛かった・・・。

それでもなんとかゴールできました!

 

 

タイムは目標の2時間15分には届かず、2時間18分。

 

初のハーフマラソンで、自分の体以上に練習していまい、

故障→休む→練習復活→オーバートレーニング→故障

の繰り返しであまり練習できなかったので、

今回は完走しただけで、よし、とします。

   
2017年5月17日  はっさく大福

こんにちは、阿藻です。

 

本社のある銀座には私の出身である広島県の

アンテナショップ“tau”があります!

 

“tau”=“たう”は広島弁で“手が届く”という意味があります。

 

私も近くを通った時には立ち寄るのですが、

そこで必ず購入する物があります!

 

それは“はっさく大福”です!!

 

 

あまり聞かない大福かと思いますが、イチゴ大福とはまた違い、

白餡と爽やかなはっさくがマッチして

本当に美味しいのです!

 

広島県内でも特定の場所にして売っておらずなかなか買えないので、

こちらのショップで売っている時は必ず購入してしまいます!

 

1日のうちで入荷時間も決まっていて

入荷後はすぐに売れてしまうこともあるので、

この“はっさく大福”に出会えたらラッキーです!

 

興味ある方は是非お立ち寄り下さいませ!

 
C Cubeブログ

毎週水曜日更新!
C Cubeのスタッフが日々のあれこれを綴ります。

財務・労務・法務トピックス

C Cube(税理士・社会保険労務士を中心としたコンサルティング集団)が経営者にお届けするビジネスお役立ち情報レポート!
税務・会計・労務・法務・経営学・心理学・トピックスが満載。

2017年5月22日

役員報酬、額面派?手取り派?  New!

役員報酬の定期同額給与の対象範囲が拡大されました。
これは大企業・中小企業問わず対象になります。
外国人の役員に対し報酬を支払う外資系企業からの要望があり反映されました。

1.定期同額給与とは
「その支給時期が1か月以下の一定の期間ごとである給与で、その事業年度の各支給時期における支給額が同額であるもの」とあります。
つまり毎月の給与の「額面」が一定でなければならないということです。

2.対象範囲の拡大
対象範囲の拡大後の定期同額給与は上記に「定期同額給与の範囲に、税及び社会 保険料の源泉徴収等の後の金額が同額である定期給与を加える」とされました。
つまり「手取り」が、同額であれば良いことになりました。

 (1)現行の役員報酬
毎月の給与の「額面」が一定でなければ経費にできない。

 (2)拡大後の役員報酬
「手取り」が毎月一定であれば役員報酬の額面が一定でなくても経費になる

  ※例 6月に住民税1万円 10月に社会保険料1万円の変更を考慮

キャプチャ

(3)適用対象時期
平成29年4月1日から適用予定

今までは「額面」で役員報酬を決めていたが、今後は「手取り」で決めることも可能になりました。
「手取り」が分かっていれば、社長のライフプランも計画しやすくなります。
ゆえに今後は「手取り」を元に役員報酬を決めても良いのではないでしょうか。

(税務コンサルタント 田村 和之)

 

2017年5月8日

補助金について

新年度ですね!

今からでもまだ間に合う補助金、意外とまだ知られていない制度あるようです…

そもそも補助金とは?

助成金とは、直接的・間接的に公益上必要があると政府が判断した場合、民間もしくは政府に対して交付する金銭的な給付金のことです。

融資とは違い、補助金は原則的に返済不要です。例えば、創業融資による資金調達は、起業時に必要な不足資金を迅速に調達できるという意味で、活用する意義は大きいですが、融資はあくまで借入れ、いずれ、儲けの中から、返済していかなければなりません。

補助金を活用することができるならば、返済が不要な資金を事業に活用することができます。

補助金の種類は…

補助金の種類は毎年新年度3〜4月にかけて公募されるものが多い傾向です。どのような補助金があるのか、以下のサイトで公募状況が公表されていますのでCheck it out!

1.中小企業庁の補助金

 創業補助金(最大200万円)などがあります。 http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/

 

2.経済産業省の補助金

小規模事業者持続化補助金主に中小企業向け(最大50万円)などがあります。http://www.kanto.meti.go.jp/chotatsu/hojyokin/

3.地方自治体の補助金

応募すれば以外と確率が高いと言われています…例えば東京都では以下のような補助金の公募を行っています。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/#table6

後払いですので…

補助金のメリットは、返済不要ということです。ただ、デメリット、というよりは注意すべきポイントとして、補助金は、原則として「後払い」ということです。

補助金は申請してOKであれば融資のようにすぐ入金というわけにはいきません。資金繰りには十分注意をする必要があります。

(税理士 青山 修久)

 

2017年4月24日

平成29年3月期決算税制改正留意点

平成29年3月期決算を迎え、決算申告業務を進めておられる会社の方々が多いかと思います。

そこで、平成28年度税制改正等の改正事項の主なポイントを再確認し、適用等に遺漏のないよう留意しましょう。

1 法人税率の引き下げ 

・平成28年4月1日~同30年3月31日までに開始する各事業年度:23.2%

 (中小法人、一般社団法人等、公益法人等は、年8百万円以下の所得:15%軽減税率)

2 繰越欠損金控除限度額の段階的引下げ(中小法人等は従前どおり100%控除可)

・平成28年4月1日~同29年3月31日迄に開始する事業年度:60%

・平成29年4月1日~同30年3月31日迄に開始する事業年度:55%

・平成30年4月1日以後に開始する事業年度:50%

・欠損金の繰越期間:10年

3 建物附属設備・構築物に係る減価償却制度の改正

 ・平成28年4月1日以後取得する建物附属設備及び構築物の償却方法:定額法(のみ)

 ・平成28年4月1日以後建物附属設備及び構築物に対して行われた資本的支出:原則、定額法

 ・平成19年3月31日以前取得の建物附属設備・構築物への資本的支出:平成28年4月1日以後行われたものでも、既存資産の取得価額に加算して、一体として償却可。

4 中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例の延長等

 ・中小企業者等:取得価額が30万円未満の減価償却資産(少額減価償却資産)の取得(含製作、建設)、かつ、事業供用した場合、当該事業年度で取得価額全額を損金算入可。

 ・上記適用期限2年延長(平成30年3月31日迄に取得、事業供用)

 ・適用対象法人:中小企業者等+常時使用従業員数1,000人以下の法人に限定

その他、外国子会社配当益金不算入制度、グリーン投資減税、雇用促進税制等々にも改正がありますから留意が必要です。

お問い合わせは顧問の税理士の先生へ。

(公認会計士 富田昌樹)

 

2017年4月10日

知らないと損する? 平成29年度税制改正 法人税編②

今回は、平成29年度税制改正の中で、中小企業の設備投資を促進する新たな制度が創設されましたので、ご紹介いたします。

中小企業経営強化制度

中小企業経営強化税制とは、一定の中小企業が、生産等設備で一定規模以上の特定経営力向上設備等を取得した場合、特別償却または税額控除を選択できるという制度です。

(1)対象者

青色申告書を提出する資本金1億円以下の中小企業者等で、経営力向上計画の認定(※)を受けた事業者。

※経営力向上計画とは、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、自社の経営力を向上するために実施する計画で、経済産業省の認定を受ける必要があります。

(2)資産の取得期間

平成29年4月1日から平成31年3月31日まで

(3)優遇措置

1

※中小企業者等…資本金1億円以下の企業

 特定中小企業者等…資本金3,000万円以下の企業

(4)対象設備

認定経営力向上計画に記載された①経営力向上設備等のうち、②取得価額要件を満たす特定経営力向上設備等

3

地域未来投資促進税制

地域未来投資促進税制とは、都道府県・国から地域中核事業計画の認定を受けた企業が、その計画に基づき設備を取得した場合に、特別償却または税額控除を選択できるという制度です(ただし、この税制については、資産の取得時期等詳細がまだ明らかになっておりません)。

(1)優遇措置

2

※総投資額2,000万円以上が対象

(2)地域中核事業計画

 ①対象事業のイメージ(経済産業省)

  ・先端技術を活かした成長ものづくり分野(医療機器、航空機等)

  ・第4次産業革命関連分野(IoT、ビッグデータ、AI等)

  ・食関連、地域商社(農水産品の海外市場獲得等)

  ・新たなニーズをターゲットにした観光、商業、スポーツ活用ビジネス(スポーツスタジアム等)

  ・健康、教育関連サービス

 ②認定のポイント

  ・都道府県の策定する基本計画に合致していること

  ・地域経済に対して高い波及効果があること

  ・国内外における競争力を有すること

(税理士 山本 剛史)

 

 

お客様の声
メールでのお問い合わせはコチラ