経理部門で下記のようなお悩みはありませんか?
  1. 『収益貢献に直接結びつかない経費は極力削減したいなぁ』
  2. 『経理担当者しか分からないやり方、情報は排除したい!』
  3. 『本当に当社では常勤社員は、複数名置く必要はあるの?』
  4. 『できれば、従業員には給与はオープンにしたくないのですが・・・』
  5. 『毎月の決算情報が遅くて意思決定に支障がでているんです』

会社の中枢ではありますが、経理に関しては専門家に任せるという選択肢があります。
ルーティンだけでは補えなかった税務上の問題も、会計事務所のサポートがあれば即座に解決できるのです。

 

アウトソーシングを導入するメリット
1. 間接コストの削減・見直し
    人件費の年間コストに比べて、外注費は確実に軽減されます。
2. 経理部門の透明化(ブラックBOXの排除)
    不透明さを排除し、税務署や監査法人に対する信頼度が増します。
3. 間接スタッフの収益貢献部署への配置転換
    場合によっては、他部門への配置転換により収益の拡大も見込めます。
4. 人事制度の再構築
    給与計算を外注することにより、専門化と、人事制度の見直しが図れます。
5. 経理実務の安定化
    経理の引継ぎに費やすコストと時間がなくなります。
6. 意思決定
    月次決算が迅速に完成することにより、経営者様の意思決定も早く行えます。

もちろん方針、規模、内容により全てをアウトソーシングに切り替える必要が無い場合もございます。お客様のご要望をお聞かせ下さい。
外注する業務、社内に残す業務、経理ご担当者との引継ぎには、ご納得がいくまで打ち合わせをさせていただきます。

 

アウトソーシングでは以下のような業務を行っております。
 経理実務

1 支払予定表の作成

 

2 ネットバンキングの登録&振込

 

3 会計ソフトへの入力

 

4 経費精算管理

 

5 資料ファイリング

 

6 記帳代行

 

7 各種税金計算及び支払

 

8 出納帳管理

 

9 手形管理
(支払手形の期日管理、受取手形の保管&入金管理)

 

 労務実務

1 入退者手続き

 

2 労働保険の申告、社会保険手続き

 

3 算定基礎の届出

 

4 給与関連業務(計算・明細書発行・振込)


各サービス別価格一覧はこちらから 


メールでのお問い合わせはコチラ