東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

持続化給付金

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和265日号)

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける中小企業の支援策として、持続化給付金の

申請がスタートしています。

 

中小企業の売上減少を補填して事業継続を支援する制度で、一定の要件を満たした場合に、最大で200万円(個人事業者は最大100万円)が給付されます。

 

一定の要件とは、具体的には次のような要件です。

 

1年以上事業を行い、今後も事業継続の意思がある事業者であること

 (創業して間もない方でも給付を受けることができる場合があります)

②新型コロナウイルスの影響を受けて前年同月の売上が50%以上減少していること

③資本金が10億円未満であること

 

申請手続きはインターネットでおこないますが、入力事項等含めてかなり簡単な内容となっています。

 

給付額については特設サイト(https://www.jizokuka-kyufu.jp/)にて試算が可能ですが、要約すると、

 

A - B 

 

 A ・・・ 前年度の年商

 B ・・・ 50%以上下がった月の月商 × 12

 

ABとの差が200万円以上であれば200万円の給付を受けることができます。

 

申請してから実際に給付を受けるまではタイムラグがあります。

 

給付を急がれる方は早めに申請を行うことをおすすめいたします。

 

(税務コンサルタント 原 健良)