東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

新型コロナウイルス対応の税務上の取扱い(欠損金の繰戻しによる還付)

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和2年5月8日号)

 

令和2年4月20日に閣議決定された新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置の一つに「欠損金の繰戻しによる還付の特例」があります。

欠損金の繰戻し還付制度とは、前年度は黒字だった法人が、当年度赤字になった場合、前年度に納付した法人税の還付を受けることができる制度です。

これまでは、資本金1億円以下の法人にのみ認められていましたが、資本金1億円超10億円以下の法人も適用できるようになりました。

 

対象期間:令和2年2月1日から令和4年1月31日までの間に終了する事業年度に生じた欠損金

 

欠損金が発生した場合、その欠損金を翌年度以降に繰越し(最長10年間)、翌年度以降の利益と相殺する「欠損金の繰越控除制度」もあります。ただ、現在のような先の見えない状況で、少しでも手元にお金があった方がよいと思われる場合には、欠損金の繰戻し還付制度を適用するメリットはあると思います。

 

(税務士 山本 剛史)