東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

コロナウイルスによる納税猶予

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和2年3月23日号)

 

国税庁から、新型コロナウイルスの影響を受けた人や企業に対し、税金の支払いなどを猶予すると発表がありました。

 

猶予の対象となるのは4月16日に期限が延長になった所得税や、5月末が期限の3月決算企業の法人税や消費税などで、原則として1年間、納税が猶予されます。

また、通常は、猶予期間について延滞税がかかりますが、状況に応じて全額免除もしくは軽減されるとのことです。

 

 納税が猶予される主な事例

 ①税金を払うと事業や生活が維持できなくなる。

 ②本人や家族の感染で医療費がかかる。

 ③経営する会社で社員が感染し、消毒で商品や器具が使えなくなった。

 ④客が激減し、事業を廃止・休止した。

 ⑤感染拡大で利益が激減した。

 

納税の猶予には申請が必要ですが、診断書や収支明細書などの添付書類を不要にするなど手続きは大幅に簡略化され、猶予の条件となる担保の差し入れも無理な場合は不要となるようです。

資金繰りに不安がある場合にはすぐにご相談ください。

 

(税理士 山本 剛史)