東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

コロナウイルスによる各種施策

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和2年3月20日号)

 

新型コロナウイルスの影響を受けた人や企業に対し、下記の施策が講じられております。

 

1.資金繰り支援策

(1)信用保証制度

  ①SN4号及び5号

  ⇒一般枠とは別枠(2.8億円)の保証限度枠を利用することが出来ます。

  ⇒この認定をとることが融資の条件となっているケースもあります。

 

  ②危機関連保証

  ⇒上記のSN(セーフテイ)保証とはさらに別枠(2.8億円)の保証枠を利用することが出来ます。

 

(2)融資制度

  ①新型コロナウィルス感染症特別貸付

  ⇒(要件の一部) 直近1ヶ月の売上が前年or前々年と比較して5%以上下落している場合に活用できる融資制度となります。

  ⇒融資限度額は3億円(中小企業の場合)となり、金利の優遇もあります。

  ⇒「特別利子補給制度」と併用することで実質無利子にて融資制度を活用することも可能となっています。

 

  ②SN貸付

  ⇒2/14より売上の減少要件が緩和され「減少見込み」であれば融資への申し込みが可能となっています。

  ③マル経融資の金利の引き下げ

 

2.補助金・助成金関連

  (1)持続化補助金

  ⇒小規模事業者の販路開拓等を支援するための補助金となります。

  ⇒感染症の影響による売上の減少等を証明する書面を提出した際に補助金の採択に加点が付くとされています。

  (2)事業継続緊急対策助成金

  ⇒感染症等の拡大に緊急時の事業継続対策としてテレワークを導入する企業に対してその導入に係る経費を助成する制度です。

 

上記のものは現在、発表されている一部となります。

また、市や金融機関独自の優遇制度・融資制度もあります。資金繰りへの影響が懸念される場合には早目のご相談をご検討下さい。

 

(税理士 伊藤 裕章)