東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

事業継続力強化計画

投稿日: カテゴリー C Cubeブログ

(令和2年2月21日号)

 

令和元年7月9日、「事業継続力強化計画」に関連する政令が閣議決定されました。

今回は、この内容についてご説明いたします。

 

1.事業継続力強化計画の概要

「事業継続力強化計画」とは、中小企業が策定した「防災・減災の事前対策に関する計画(事業継続力強化計画)」を経済産業大臣が認定する制度です。

認定を受けた中小企業は、金融支援、税制優遇などの支援策を受けることができます。

 

<計画に記載する項目>

① 事業継続力強化に取り組む目的の明確化

② ハザードマップ等を活用した自社拠点の自然災害リスク認識と被害想定策定

③ 発災時の初動対応手順(安否確認、被害の確認・発信手順等)の策定

④ ヒト・モノ・カネ、情報を災害から守るための具体的な対策

⑤ 計画の推進体制(経営陣のコミットメント)

⑥ 訓練実施、計画の見直し等、取り組みの実効性を確保する取組内容

⑦ (連携をする場合の)連携の体制と取組、取組に向けた関係者の合意

 

 

2.メリット

(1) 金融支援・・・低利融資、信用保証枠の拡大

(2) 税制優遇・・・防災・減災設備投資に関する税制措置

(3) 補助金の加点・・・ものづくり補助金等の優先採択

(4) 連携をいただける企業や地方自治体等からの支援措置

 

 

3.税制優遇の内容

(1) 対象者:青色申告を提出する中小企業者等

(2) 内容:対象設備を新規取得した場合に20%の特別償却が可能

(3) 対象設備:下記のうち認定事業継続力強化計画または認定連携事業継続力強化計画

における目標の達成及び内容の実現に資するものであることにつき、経済産業大臣の確認を受けた設備で、令和元年7月16日から令和3年3月31日までに事業の用に供したもの

 

 

 

 

減価償却

資産

1台当たりの金額

対象となるもの

 

 

建物付属

設備

 

 

60万円以上

 

 

自家発電設備、キュービクル式高圧受電設備、変圧器、配電設備、電力供給自動制御システム、照明設備、貯水タンク、浄水装置、排水ポンプ、揚水ポンプ、火災報知器、スプリンクラー、消火設備、排煙設備、格納式避難設備、止水板、制震・免震装置、防水シャッター、防火シャッターなど

 

 

機械及び

装置

 

 

100万円以上

 

 

自家発電設備、排水ポンプ、制震・免震装置、浄水装置、揚水ポンプなど

 

 

器具備品

 

30万円以上

 

すべて

 

 

ご興味のある方は、ぜひCCubeまでお問い合わせください!

 

(税理士 本田 佳世)