東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

個人に対しても積極的に調査を実施

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和2年2月17日号)

 

確定申告時期がスタートしましたね。

色々なところで副業が話題になり、始めた人も多いのではないでしょうか。

 

 

そんななか、申告しなくてもバレないから大丈夫!!

そう思っている人も少なからずいるのでは?

 

 

最近では個人の副業でよく話題となる仮想通貨、アフェリエイト広告、せどり等のインターネット取引をしている方にも税務調査の矛先が向くようになっています。

平成30年では2,127件の調査があり1件あたりの申告漏れ額は1,243万円とのことです。

 

 

仮想通貨では、取引業者に対して令和2年1月1日以降の協力要請や報告の求めについての情報提供が義務化されました。

また、他のインターネットを利用した取引でも税務署が事業者から情報を取得できるようになる日がくるでしょう。

そのため、取引のすべてが把握されていることを前提に申告をした方が良いでしょう。

 

 

今後ますます副業に対しても税務署の対応が厳しくなっていくでしょう。

 

 

申告漏れにはご注意を!

 

 

 

(税務コンサルタント 田村 和之)