東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

平成30年度の法人税等の申告事績を公表

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和元年11月11日号)

 

東京国税局は10月17日、平成30年度の東京国税国管内の法人税、源泉所得税等の申告事績を公表しました。

法人税は、申告所得金額・申告税額ともに昨年より増加し、9年連続の増加で過去最高を更新しました。黒字申告割合についても、昨年より0.6ポイント増加した33.7%で、8年連続上昇しました。

源泉所得税についても、昨年対比7.8%増の10兆9,522億円で、2年連続の増加となりました。

 

  <法人税の申告件数等の状況>

 

平成29年度

平成30年度

前年対比

申告件数

911,659件

927,957件

101.8%

申告所得金額

40兆1,086億円

42兆1,157億円

105.0%

申告税額

6兆8,588億円

7兆1,089億円

103.6%

黒字申告件数

301,534件

312,699件

103.7%

黒字申告割合

33.1%

33.7%

0.6ポイント増

 

 

<源泉所得税等の税額の状況>

 

平成29年度

平成30年度

前年対比

給与所得

4兆9,000億円

5兆1,184億円

104.5%

退職所得

1,009億円

1,054億円

104.5%

利子所得等

2,115億円

2,115億円

100.0%

配当所得

3兆1,110億円

3兆7,757億円

121.4%

特定口座内    上場株式等の   譲渡所得等

 

3,387億円

 

2,216億円

 

 65.4%

報酬料金等所得

8,806億円

8,507億円

96.6%

非居住者所得

6,127億円

6,689億円

109.2%

 

合計

 

10兆1,554億円

 

10兆9,522億円

 

107.8%

 

 

(税理士 本田 佳世)