東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

電子化推進(補助金手続き)

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

(令和元年7月5日号)

大法人の法人税等の電子申告の義務化が記憶に新しいですが、その他の分野でも電子化が推進されており、その一環として経産省が1つのシステムで全ての補助金に対応できる補助金申請システム「Jグランツ」を構築しました。

2019年度中に下記の3つが利用可能予定です。

「Jグランツ」で申請可能

① ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金

② IT導入補助金

③ 小規模事業者持続化補助金

この「Jグランツ」等の行政サービスを利用するには、GビズID(法人共通認証基盤)の取得が必要です。(ネットから取得可能)

2020年度にはもっと多くの補助金申請が利用可能になる予定の他、社会保険の加入手続き等の行政サービスも利用可能となる予定です。

電子化の義務化については、まだ当面の間、紙での申請も認容されます。

(税務コンサルタント 保坂 研太)