東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

会社の価値と評価方法

投稿日: カテゴリー 税務・労務トピックス

ご自身が経営されている会社の価値がどれぐらいあるかご存知でしょうか?

例えば、事業を譲り渡したいと考えているが、特定の人が見つからなかった時、会社を譲渡する事も選択肢の一つとなると思います。もしそうなった場合、自分の会社はどのくらいの価値があり、いくらで評価してもらえるのだろうか…?

また、逆にM&Aの話が持ち込まれた際に、買い手として、どのくらいの金額を提示すればよいのだろうか…?

といったM&Aの検討先に対する評価は、どのような基準や方法によって評価を行っているか最も気になるポイントだと思います。今回は気になるポイントを含め簡単に解説させて頂きます。

 

1.インカムアプローチ

1)DCF法

将来得られるであろうキャッシュ・フローを加重平均コスト(WACC)によって現在価値に還元した合計額を事業価値とし、これに非事業資産の時価を加算したものを企業価値とし、これに有利子負債を控除したものを株式価値とする方法

 

2)収益還元法

将来得られるであろう利益を資本還元率で現在価値に還元して株式価値を算定する方法

 

2.マーケットアプローチ

1)類似会社比準法

評価対象会社と規模・業種が類似する上場会社の市場評価に基づくベンチマーク(EBITDA倍率、PER等)を参照し、当該ベンチマークを用いて株式価値を算定する方法

 

2)市場株価法

株式市場における評価対象会社の株価を基に株式価値を算定する方法

 

3)類似取引比準法

類似する過去の取引を参考に、評価対象会社の株式価値を算定する方法

 

3.コストアプローチ

 

1)時価純資産

評価対象会社の資産・負債を時価評価して差額の純資産を株式価値とする方法

 

2)簿価純資産

評価対象会社の簿価純資産を株式価値とする方法

 

 

 

色々な評価の方法はありますね…、ただ一方では、「企業は人なり」という言葉が表すように数字だけでは計り知れない部分があることも事も重要なポイントです。

 

(税理士 青山 修久)