東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

バブル期超えの路線価

投稿日: カテゴリー 税務・労務トピックス

平成30年7月2日に平成30年分の路線価等が公表となりました。

今回は路線価の傾向等についてご説明致します。

 

1.平成30年分の路線価等の概要

 

(1)全体の傾向

路線価の対前年比は全国平均で0.7%上昇し、3年連続での上昇となりました。

 

(2)都道府県別の比較

全体の傾向として上昇傾向にありますが都道府県別に比較すると18都道府県が上昇、29県が下落となっています。

上昇している18都道府県は大都市・観光都市になっています。

参考)上昇率TOP5

1位 沖縄県(5.0%) 2位 東京都(4.0%) 3位 宮城県(3.7%)

4位 福岡県(2.6%) 5位 京都府(2.2%)

 

(3)二極化する路線価

前年同様、都市部での路線価の上昇に対して地方での路線価の減少が続いています。

近年の路線価は外国人観光客や再開発によりその上昇が下支えされています。今後はその開発に見合う観光客の増加・不動産需要があるかどうかで路線価の動向は変化しそうです。

 

2.バブル期を超えた!?

 

(1)日本一の路線価

33年連続で日本一になっている東京都中央区銀座5の「鳩居堂」前は1平方メートルあたり4,432万円となっております。

(ハガキ1枚の大きさが約65万円となってます。)

路線価2位の大阪府北区の御堂筋1平方メートルあたり1,256万円に大きく差をつけてまた日本一となりました。

 

(2)実感なき高値

鳩居堂前の路線価が4,432万円と高額になっていますが、あのバブル期は 3,650万円がピークでした。前年に続き2年連続バブル期を超えたことになります。

 

(3)今後

バブル期を超え続けていることが話題となっていますが、実感をあまり感じていないのが現状かと思います。

今後のオリンピック需要の減少等による影響がどう出てくるのか市況を含め注視していく必要があるかと思います。