東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

ジュニアNISA

投稿日: カテゴリー 税務・労務トピックス

2014年から始まったNISA(少額非課税投資制度)ですが、2016年4月より新たに「ジュニアNISA」という制度がスタートします。
今回はこの「ジュニアNISA」を従来のNISAとの比較を含めご説明します。

1.「ジュニアNISA」のポイント

【1】口座を開設できるのは、日本国内に居住する0~19歳の未成年者
【2】非課税となるのは、上場株式・公募株式投資信託等の配当所得・譲渡所得
【3】2016年から2023年までの8年間買い付けが可能
【4】非課税投資枠は年間80万円、非課税期間は最長5年間
【5】20歳になるまで非課税での運用が可能
 制度継続中に20歳になる場合、非課税のままNISA口座へ移行が可能です
【6】1人につき、開設できるジュニアNISA口座は1つ(金融機関の変更は不可)
【7】18歳まで(子供が3月31日時点で18歳である年の前年の12月末=高校3年生の12月末)払い出しができません
 払い出す場合は、過去の利益に対して課税されます
【8】運用は原則、親権者等が運用管理者となり、未成年者の代理で行います

2.従来のNISAとの比較

ジュニアNISA
 
親や祖父母にとっては、贈与税非課税の年110万円の枠内で投資資金を子ども・孫名義にできるので、相続税対策になりますが、18歳までは払い出しができないので注意が必要です。

(税理士 山本 剛史)