東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

信じるものはなんとやら

投稿日: カテゴリー C Cubeブログ

先日、こんなお土産をいただきました。

信じるものはなんとやら

これは「マースストラップ」と言って中にマース(沖縄の言葉で塩)が
入っている一種の魔除けだそうです。

沖縄では塩をお守り代わりに身につける風習があるようで、
その風習をストラップというかたちで現代に合せてアレンジした
商品なんですね。

この「マースストラップ」が面白いのは、身につけている人に災いが
起こるとその人を災いから守る代わりに、袋の中の塩が徐々に
減っていきます、というお題目の通りに実際に塩が減っていく
ところです。

他の友人が身につけているストラップはほんの1ヶ月で塩がなくなり、
ぺちゃんこになっていました。
もしこのストラップを身につけていなかったら・・・一体どうなって
いたのでしょうか?

かくいう私も身につけて2週間で大分、袋からふくらみがなくなって
きている気が・・・します。

当然ここで「塩の減っていく原理は・・・」何て野暮なことを言っては
つまらないので、この小さい袋が2週間で起こった災いから自分を
守ってくれたんだな、と考えれば不思議と愛着も湧いてきます。

さてこのストラップは「MAX琉球」というショップで購入できるのですが
何とネット通販でも購入することが可能です。
しかし、やはりこういうものは現地に行って現地で購入することに
意味があるのでしょうね。

「こんなストラップ何の効用もないよ」と切って捨てる人もきっと
いると思うのですが、「信じるものはなんとやら」で素直に物事をみて、
感受するとこんな小さな袋でもちょっとした楽しみとなるんだな、と
感じました。