東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

2010年度の最低賃金が決定 全国平均730円に

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

◆ 全国平均17円の引上げ

厚生労働省の中央最低賃金審議会では、2010年度の地域別最低賃金(時間額)の
引上げの目安を全国平均で15円にすると答申していました。
(現在の713円からから728円へ引上げ)
その後、各地方最低賃金審議会による調査・審議が行われ、9月9日までにすべての
地方最低賃金審議会で答申があり、引上げの目安は全国平均で17円となり、最終的な
全国加重平均額は730円となりました。

答申された最低賃金額は、今後、都道府県労働局において、関係労使からの異議申出に
関する手続きを経たうえで正式に決定され、10月から発効の予定です。
 

◆ 「最低賃金」とは?

最低賃金は、使用者が労働者に支払わなければならない賃金額の最下限値です。
中央最低賃金審議会が定めた目安を基に47都道府県ごとに定められ、最低賃金に違反
した使用者には罰金が科せられるとされています。

◆ 「全国最低800円」の確保はなるか?

政府は、2020年までの目標として「できる限り早期に全国最低800円を確保」と
合意しています。今回も大幅な引上げについて議論されましたが、使用者側は最後まで
慎重な姿勢を崩しませんでした。
政府目標は「2020年度までの平均で、名目3%、実質2%を上回る経済成長」が
前提となっており、中小企業の生産性向上の取組みや、中小企業に対する支援などが
課題となっています。

これらの前提条件が実現せず、施策の実効性がないまま最低賃金のみが大幅に引き上げ
られれば、企業の経営に影響し、雇用の喪失につながるとの懸念があります。

社会保険労務士 森