東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

企業何年説?

投稿日: カテゴリー 社長ブログ

社長 こんにちは!C Cubeコンサルティングの清水 努です。
 
昔ある雑誌で、“企業の寿命は30年”という言葉が出て依頼、ひとつの区切りではありませんが、それを意識している経営者が多く見受けられます。
 

そんな中で、先日あるお客様の30周年記念パーティーへ参加してきました。
 
30歳で独立したその社長は、今年で60歳!還暦です・・・。
 
昔の60歳は、サラリーマンで言えば定年退職で、あとは老後の人生というちょっと寂しい感もありましたが、今60歳の方は本当に元気な方が多いです。
 
本来は、この辺で代替わりをして更に事業が継続されていくのか?
代替わりが上手くいかなくて会社が低迷して企業30年説に従うのか?
 
といったところでしょうか・・・。
 
でも、今はまず10年間、事業としてきちんと継続に耐えうる商売を行っているのか?
 
10年間で、安定した得意先、信頼のおけるスタッフをどれだけ確保したかによって、次の10年が決まるのではないでしょうか?
 
右肩上がりの経済成長は終わりを告げ、社長1人のマンパワーにも限界があります。
 
次のステージに行く為に、これから何を行うべきなのか?
 
会社内の組織を今一度見直し、そして業務のやり方を見直すことによって、利益を出すという営利企業として当然のことにスタッフ全員が意識できる体制に持っていくことが、社長としての近々の課題ではないでしょうか!
 
誰が売上を持ってきますか?
 
そして誰がコストの見直しをしますか?
 
それによって組織をどのように改革しますか?
 
社長、その解は現場に落ちていますよ・・・。


株式会社 C Cubeコンサルティング
   税理士法人 C Cube    税理士  清水 努