東京都中央区銀座の会計事務所 C Cubeコンサルティング

BLOG

日本の税金~その3

投稿日: カテゴリー 税務トピックス

 前回に引き続き税金関連ニュースでつかわれる言葉を簡単に説明します。最終回の今回は、収得税(所得税・法人税・事業税等)です。収得税は、人(個人・法人)の収入(所得)に対して課税される税金です。

1.法人税

(1)概要
 法人税は、法人が得た所得に課税される税金のことです。法人税を算出するには、まず「会計上の利益」を算出します。会計上の利益は、収益(売上等)から費用・損失(原価や給料等)を差引くことにより算出されます。この会計上の利益に、法人税法上は費用などにならない項目(申告調整)を加えることによって、法人税上の利益(所得)を算出します。所得に税率を乗じることにより、法人税は計算されます。
 
(2)申告
 原則は、その会社の事業年度終了(決算期末)の翌日から2ヶ月以内に、確定申告をしなければなりません。しかし一定の手続きをすることにより、申告期限を延長することができます。
 
2.所得税

(1)概要
 所得税は、個人に課税される税金です。所得には金銭だけでなく、物や権利も含まれます。
 「収入と所得」が混同されがちですが、収入額は「売上金額」などのことで、この売上金額から必要経費(所得控除)などを差し引いた金額が「所得(課税所得)」となります。

(2)申告
 所得税の申告は原則として、「1月1日~12月31日」の1年間に生じた所得を、翌年の「2月16日~3月15日」の間に行います。
「給料」しか所得がない場合は、一定要件を満たしていれば、年末調整をすることによって税額を確定できるので、確定申告の必要はありません。
 しかし年末調整には医療費控除などは考慮されていませんので、これらの還付を受けるためには確定申告をしなければなりません。
 
3.事業税

 事業税とは、税法で定められた事業を営む者「個人・法人」に対して課税される「地方税・直接税」のことです。個人に課税される場合を「個人事業税」、法人に課税される場合を「法人事業税」といいます。

(新井)