補助金について

Posted 青山 税務・法務・労務トピックス

新年度ですね!

今からでもまだ間に合う補助金、意外とまだ知られていない制度あるようです…

そもそも補助金とは?

助成金とは、直接的・間接的に公益上必要があると政府が判断した場合、民間もしくは政府に対して交付する金銭的な給付金のことです。

融資とは違い、補助金は原則的に返済不要です。例えば、創業融資による資金調達は、起業時に必要な不足資金を迅速に調達できるという意味で、活用する意義は大きいですが、融資はあくまで借入れ、いずれ、儲けの中から、返済していかなければなりません。

補助金を活用することができるならば、返済が不要な資金を事業に活用することができます。

補助金の種類は…

補助金の種類は毎年新年度3〜4月にかけて公募されるものが多い傾向です。どのような補助金があるのか、以下のサイトで公募状況が公表されていますのでCheck it out!

1.中小企業庁の補助金

 創業補助金(最大200万円)などがあります。 http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/

 

2.経済産業省の補助金

小規模事業者持続化補助金主に中小企業向け(最大50万円)などがあります。http://www.kanto.meti.go.jp/chotatsu/hojyokin/

3.地方自治体の補助金

応募すれば以外と確率が高いと言われています…例えば東京都では以下のような補助金の公募を行っています。

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/#table6

後払いですので…

補助金のメリットは、返済不要ということです。ただ、デメリット、というよりは注意すべきポイントとして、補助金は、原則として「後払い」ということです。

補助金は申請してOKであれば融資のようにすぐ入金というわけにはいきません。資金繰りには十分注意をする必要があります。

(税理士 青山 修久)